banner

相続診断士とはどんな資格なんでしょうか

相続診断士が、どのような資格なのかご存じでしょうか。
この資格は、不動産業界において、非常に重要な資格として広まっています。
この資格は、平成の後期から増え始めた想像関連の知識を問われる資格です。
相続には、非常に大きなお金が動くことになります。
また、相続はひとつとして同じ条件の相続はありません。
紛争に発展するケースも少なくありませんので、非常に重要視されている資格となっています。

ただし、この相続診断士の資格は、国家資格ではなく民間資格となっていますので、難易度は低く設定されています。
合格率も90パーセントとなっていて、不動産関連の資格の中でもかなり簡単な部類に含まれます。
試験勉強も一ヶ月程度で十分となっていますので、会社に勤めながら転職先を探している方にもぴったりです。

試験では、相続関連の基本的な知識を問われる内容が出題されます。
試験はCBT方式で行われますので、新型コロナウイルスの感染リスクもありませんので、安心して試験にチャレンジすることができます。
ただし、受験料が少しネックになります。初回が38,500円、二回目以降が16,500円と他の不動産関連の資格試験と比べて高めに設定されています。
不動産ココなどをチェックしながらテスト勉強をすれば、合格も難しくないと思いますので、ぜひチャレンジしてください。


Copyright(c) 2012-2013 http://www.micprint.com/