banner

薬事法ドットコムで肝臓にいいビタミンを安心してつかう

年齢も40歳を迎えて、自分の身体のことを少しは気遣うようにしないといけないが、お酒が好きな性格はなかなか治らないです。
会社の上司より、お酒好きには肝臓を大事にしていかないと、肝機能障害になってしまうぞ、と脅されながらもお酒を控えることが出来ない。
しかし、少しは肝臓について教えてもらったことが、炭水化物や脂肪、たんぱく質などの三大栄養素をエネルギーに変えて、同時にエネルギーとしてのグリコーゲン、中性脂肪、鉄分、ビタミンなどを蓄える働きもするというのです。
さらにアンモニアや薬、そしてアルコールなどを分解、処理する機能まであるというので、とても肝臓と言うのは働き物だということも、驚きました。
たくさんの機能がある肝臓は、薬も毒物処理してしまうので、肝臓の薬はないらしく、ビタミンなどの栄養をとることによって、働きをサポートさせるようにするといいということです。
しかし、ビタミン剤などはいろいろなメーカーで出ているので、どのようなものがいいのかわからないこともあり、自分で選ぶことが出来ないこともあります。
誇大広告などもあるようなのですが、そんな時に役立つのは、薬事法ドットコムでして、法律などに詳しい専門家が、薬事法に基づいてアドバイスをしてくれるので、サプリメントなどの信憑性がわかってくるのです。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.micprint.com/