banner

泉卓真氏が考える食品流通の合理化について

泉卓真氏は自身が代表取締役社長を務める株式会社いずみホールディングスの経営理念として「日本の食文化に一番貢献する企業になる」ことを語っています。
そのために「食品流通のOSを創り、新しいインフラで、世界中に豊かさを届ける」ことを実現する活動をしているのです。

具体的にどのような活動をするのかと言えば、テクノロジーの活用です。
現代はAIやIoT、ロボットにブロックチェーンなどの技術が発達しています。
これらを上手に活用することが出来れば、従来よりさらに合理化された「食品流通の最適化」が達成されるのです。
生産だけでなく、情報面や販売、決済に流通などといった分野での活躍が期待されています。

このような取り組みは生産者や生産メーカー、加工メーカー、さらには生産組合、卸売業者などと深い信頼関係を持つ株式会社いずみホールディングスしか出来ないという声もあります。
多数の仕入れ先とインフラを再構築することによって、食品流通のOSが完成されるのです。
こうすることでコストが削減されるため生産者の所得が1.5倍になるとも言われており、それだけ生産者の地位が向上します。
また、食費も半分になると言われているため、食文化がより豊かなものになると予想されているのです。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.micprint.com/