banner

手塚治虫作品の魅力と、漫画界に与えた影響力、ソーシャルゲームの紹介

手塚治虫さんといえば、言わずと知れた漫画界の巨匠です。
1928年に生まれ、1989年に亡くなりましたが、生み出した作品はいまでも多くの漫画ファンに愛されています。
もっとも有名な漫画は、「鉄腕アトム」ではないでしょうか。
また、「リボンの騎士」や「ジャングル大帝」といった、独特のキャラクター、名作を次々と生み出しました。
いまある漫画文化の礎を築いた人といっても過言ではなく、手塚治虫さんに影響された漫画家は後をたちません。
存命中から「マンガの神様」という称号で呼ばれていたほどです。
手塚作品が後の漫画界に与えた影響力は、とても大きなものがあったそうです。
たとえば、少女漫画で使われている、瞳がうるんだような描写は、手塚作品の「リボンの騎士」が最初だったと言われています。
静寂を表現する「シーン」という擬音語も、手塚さんのアイディアだという話もあります。
手塚さん自身が自ら医師免許を持っていたこともあって、医療漫画が多かったのも特記すべきことです。
有名どころの「ブラックジャック」は、医療に関する情報の説得力がありました。
多くの人たちに愛された手塚作品は、現代でも必ず通用すると思いますし、読んだことのない人はぜひ手にとってもらいたいです。
最近では、株式会社gloopsがモバゲー向けのソーシャルゲームとして、「大乱闘!!手塚オールスターズ」を配信することを発表しました。
このゲームには、鉄腕アトムや、ジャングル大帝のレオなど、手塚漫画のキャラクターがカードになって登場します。
ぜひ興味のある方はやってみていただきたい、注目のゲームです。http://gloops.com/game/tas/

Copyright(c) 2012-2013 http://www.micprint.com/